フィリピン人技能実習生という「信頼」と「ブランド」

フィリピン人の雇用はフィリピン政府への申請難易度が高く、対応可能な組合が非常に少ない状況にあります。
しかし裏を返せばフィリピン政府のお墨付きであり、政府が共に実習生を監理・指導してくれるということを意味しています。
近年技能実習生の失踪問題などが取り上げられることが増えてきましたが、フィリピン人技能実習生の失踪率は非常に低い水準となっています。
失踪率はベトナムと比較して10分の1以下であり、しっかりと監理された環境に置いては限りなく0に近い状況となっています。

INFORMATION

  1. 監理団体事業部のHPが立ち上がりました
  2. 監理団体の認可が下りました
  3. OPTIMEGAとの間に正式な協定が結ばれました

関連スタッフ紹介

海外から「安心」を届けるために

当組合では選考から配属まで日本人スタッフが対応しています。
現地送り出し機関や日本語学校は日本人スタッフが常駐していることが大きな特徴となっており、当組合のスタッフとも交流が深い団体となっています。
もちろん、現地での滞在は日本人スタッフが対応致しますし、実習生の日本語教育も日本人スタッフが責任を持って行います。
事前に厳しい基準で選抜をした人材を候補者として面接の席に並べますので、安心して選抜頂くことができる体制となっています。

PAGE TOP