組合の特徴

フィリピン人材の圧倒的な「信頼」

近年、技能実習生の失踪の問題などがニュースなどでも取り上げられる様になり、受け入れを躊躇される企業様も見えることかと思います。実習生に不安を持っている方であればこそ、私達はフィリピンを選択することを推奨致します。
フィリピン人技能実習生は機構への申請前にフィリピン労働局への申請を挟む必要があり、受け入れ難易度が一番高い国となっております。上記理由からも「フィリピンはやらない」という組合様も多いのではないでしょうか。ただしこれは裏を返せばフィリピン人技能実習生にはフィリピン政府の監理が加わるということでもあります。
結果として失踪率はベトナムの10分の1以下であり、多くの組合がこれまで携わってきて来なかった経緯から日本での実習を望む優秀な人材が非常に多く残っている国となっております。

「安心」の現地日本人スタッフ

セーフティ愛知は日本人スタッフで構成されていますが、連携する送り出し機関、日本語学校にも日本人が配置されています。現地のスタッフは事業開始以前から交流があり、共に当組合の監理団体事業に乗り出した間柄です。そのため企業の担当者様が現地に視察や面接には行く際には、しっかりと連携の取れた日本人スタッフが対応することが可能となっています。初めての海外の方でも安心して滞在することが出来る環境であることをお約束致します。
実習生や候補者への日本語教育を行うのも当然日本人であることから、質の高い教育が可能となっており、現地人では分からない日本独特の文化やマナー、働き方を指導することが可能となっています。企業に配属される際に即戦力となる人材を輩出できる体制が整っております。

日本人を軸とした密な連携

技能実習生の受け入れには送り出し機関、組合、学校など様々な機関の連携が必須となります。
当組合での受け入れに関わり期間は全て、日本人スタッフを基軸として双方に情報を共有し支え合う仕組みを構築しています。
そのため迅速な対応を行うことが可能となっており、皆様に安心頂ける環境を整えています。

OPTIMEGA

OPTIMEGAは正式にライセンスを取得した政府公認の送り出し機関です。常に300人以上の候補生を抱えており、企業様に合った人材を採用頂くことができます。適性を正確に測るために、面接方法等は企業様に合わせて対応しています。現地で日本人スタッフが対応するため、滞在や面接がスムーズに進みます。

Cel-Ken

日本人教師のみで構成されています。より正確な発音、リアルな会話を生徒たちは学習することができます。特に労働にかんする文化や価値観の違いの指導には日本人教師が必須です。日本語と英語での指導から始まりますが、ある程度授業が進んでからは日本語のみの授業にシフトします。フィリピンにいながら生の日本語に接し、より正確な日本語の定着が期待できます。

日本語講習機関(仮)

日本国内の講習機関。2020年内に完成を予定しています。現在は専門の学校へ委託しています。

PAGE TOP